2018.6.16 21:08

台湾新で男子100Vの楊俊瀚、ア大会で「メダル取れるようにしたい」/陸上

台湾新で男子100Vの楊俊瀚、ア大会で「メダル取れるようにしたい」/陸上

 陸上の日本学生個人選手権第2日は16日、神奈川県のShonanBMWスタジアム平塚などで行われ、男子100メートルの楊俊瀚は、台湾新記録を樹立して優勝に花を添えた。準決勝で自らが保持した記録を0秒02更新する10秒18をマークすると、決勝では追い風0・2メートルで10秒11。中盤から後半にかけて伸び、他を寄せ付けなかった。

 ジャカルタ・アジア大会では日本勢のライバルの一人になりそう。「記録をさらに更新してメダルを取れるようにしたい」と意気込んだ。