2018.6.16 14:53

多田は100M準決勝を棄権、日本選手権に備えるため/陸上

多田は100M準決勝を棄権、日本選手権に備えるため/陸上

 陸上の日本学生個人選手権第2日は16日、神奈川県のShonanBMWスタジアム平塚などで行われ、男子100メートルの多田修平(関学大)は予選2組を10秒32の1着で通過したが、準決勝を棄権した。22日からの日本選手権に備えるためという。

 多田は昨年、準決勝で追い風4・5メートルの参考記録ながら9秒94をマークし、決勝を10秒08で制した。