2018.6.14 10:33

【栄氏会見詳報】パワハラ問題を伊調選手に「会って直接謝罪したい」/レスリング

【栄氏会見詳報】

パワハラ問題を伊調選手に「会って直接謝罪したい」/レスリング

全日本選抜レスリング選手権大会の試合開始前、会見を行った至学館大学レスリング部・栄和人監督 =駒沢体育館 撮影・高橋朋彦    

全日本選抜レスリング選手権大会の試合開始前、会見を行った至学館大学レスリング部・栄和人監督 =駒沢体育館 撮影・高橋朋彦    【拡大】

 レスリング女子で五輪4連覇した伊調馨(33)=ALSOK=らへのパワーハラスメントを認定された日本協会の栄和人前強化本部長(57)が、14日開幕の全日本選抜選手権(駒沢)で問題発覚後初めて公の場に表れ、パワハラ問題について謝罪した。

 以下、記者会見の詳細。

 栄氏「最初は、委員会及び内閣からご指摘いただいたパワハラ認定を真摯に受け止め、伊調選手、田南部コーチ、そしてレスリング協会関係者、また内閣府をはじめとする関係省庁、さらに、これまでレスリングを応援してくださった国民の皆様に対して、多大なご迷惑をおかけしましたことを心からおわび申し上げます。本当に、申し訳ありませんでした。4月6日に強化本部長を辞任するにあたり、マスコミ等には書面にて謝罪文をお送りしましたが、体調も芳しくなく、また日本レスリング協会から裁定を受ける身であったため、協会の理事会や大会などの公式行事の出席、及び公の場での発言を自粛しておりました。本日、改めて謝罪表明をさせていただきます。6月8日の理事会において、常務理事の解任の決議がなされ、6月23日の評議委員会にて正式に決まる運びとなります。今後、二度とこのような事を起こさないよう、常に他人に敬意を持って接するよう心がけたいと思います。協会が実施する改善策プログラムに沿って、いち指導者として日々精進したいと思います。最後に、伊調選手、田南部コーチに対して誠に申し訳ありませんでした」

 --パワハラ認定されたことについて

 「8年前に、私自身が一句一字どういったことを言ったかということに関しては覚えておりませんが、コミュニケーション不足が生んだことが、このような事態になったかなと深く反省しております」

 --全日本選抜選手権に至学館大監督として大会に参加することについて

 「正直、全員がですね、学長から『監督、全員があなたの指導受けたいって言ってるよ』という言葉を聞いたときに、私は選手の前で本当にこの子たちをどうにかしてあげたいと、本当に伊調選手、田南部コーチに対して本当に心から申し訳ない気持ちも持ちつつ、この子たちもどうにかしてあげたいという思いで、選手の前で涙が出てきました」

 --伊調選手については

 「ALSOKの監督さんを通して、会って謝罪したいという話をしていましたけども、これからしっかりと協会を通して、会って直接謝罪したいと思います」

今、あなたにオススメ
Recommended by