2018.6.14 07:56(1/3ページ)

思わず歌いたくなっちゃった!? ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP

思わず歌いたくなっちゃった!? ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP

思わず歌いたくなっちゃった!? ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP

思わず歌いたくなっちゃった!? ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP【拡大】

 2018年F1第7戦カナダGPがサーキット・ジル・ビルヌーブ(4.361km、周回数70周)で開催されました。

 カナダGPの楽しみといえば、予選後にパドック裏手にあるボート会場でF1チームメカニック達が独自デザインのいかだでレースを繰り広げる「いかだGP」。今年はフェラーリを除く9チームに加えFIA、ピレリ、TEAM F1、FAN’S TEAM 、TEAM CANADA GPの14チームがエントリーしました。

 レースより熱い(!?)戦いを制したのは、ウィリアムズ!  達成感いっぱいの表情でしたが、本番はこれからですよ~!!

 39回目の開催となったカナダGPのポールポジションを獲得したのは、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。

 2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、4番手ルイス・ハミルトン(メルセデス)、5番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、6番手ダニエル・リカルド(レッドブル)が続きます。

 1周目、ターン5でカナダ出身のランス・ストロール(ウィリアムズ)がブレンドン・ハートレー(トロロッソ)に接触し、ハートレーのマシンの片側がウォールに乗り上げるという、背筋の凍るような出来事がありました。

 コースに戻ったものの、ストロールと再び接触し2台ともリタイア。これにより、セーフティカーが導入されました。それにしても、マシンがひっくり返らなくて本当によかった……。

 5周目にレースが再開すると、大きな混乱もなく順調に進んでいきます。

 16周目、上位勢で最初に動いたフェルスタッペンとハミルトンがスーパーソフトタイヤに履き替えました。

 さらにその翌周、猛プッシュしていたリカルドもスーパーソフトタイヤに交換し、ハミルトンをオーバーカット! ハミルトンの前でコースに戻ったことを確認したリカルドは、「これがやりたかったんだ!」と無線で喜びを爆発させます。

 32周目、ライコネンがピットイン。同じくスーパーソフトタイヤに交換し、ハミルトンの後ろでコースに復帰しました。ファステストラップを刻みながら前を走るハミルトンに迫るも、なかなかオーバーテイクできません。

【続きを読む】

  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP
  • 思わず歌いたくなっちゃった!?ベッテルが50勝目を挙げ、ドライバーズ・チャンピオンシップのトップに/カナダGP