2018.6.13 05:02

栃ノ心、母国ジョージアから再来日 13日から稽古場に

栃ノ心、母国ジョージアから再来日 13日から稽古場に

ジョージアから再来日した新大関栃ノ心=成田空港

ジョージアから再来日した新大関栃ノ心=成田空港【拡大】

 大相撲の5月の夏場所後に大関へ昇進した栃ノ心(30)は12日、一時帰国していた母国ジョージアから再来日した。帰国中はギオルギ・マルグベラシビリ大統領(48)やスポーツ大臣らを訪ね、「土俵をつくってほしいと話をした。いまは場所がないけど、それができたらつくってもらえそう」。母国には現在、本格的な土の土俵はなく、大関の直談判が実りそうだ。

 滞在中はスポーツを対象にした最高位の勲章も授与されたほか、弟ラシャさんの結婚式にも出席。休息の時間はほとんどなかったという。感激の凱旋(がいせん)を終えた新大関は7月の名古屋場所(8日初日、ドルフィンズアリーナ)へ向け、13日から稽古場に立つ。 (奥村展也)

  • 母国滞在中は連日祝杯を重ねたという、栃ノ心。名古屋場所へ向け、休みなく稽古を再開する
今、あなたにオススメ
Recommended by