2018.6.9 13:43

“美し過ぎる新体操選手”畠山愛理、現役時代の恋人の存在明かす「私はしてました」

“美し過ぎる新体操選手”畠山愛理、現役時代の恋人の存在明かす「私はしてました」

畠山愛理

畠山愛理【拡大】

 元女子新体操日本代表、畠山愛理(23)が8日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」(金曜後11・0)に出演。現役時代に恋人がいたことを明かした。

 美を体現する競技の世界で“美し過ぎる新体操選手”と呼ばれていた畠山。リオ五輪では日本代表「フェアリージャパン」の主将を務め、8位入賞に貢献。同五輪後に現役引退を表明した。

 畠山は現役時代に合宿をしていたロシアのサンクトペテルブルクへ赴き、当時の共同生活などを振り返る中で「恋愛しなさいって言われていました」と告白。「恋愛だけじゃないんですけど、いろんなものを見て感じることが、感受性が豊かになって演技につながるっていうので、恋愛もいっぱいしなさいって(言われた)」と恋愛のススメを説かれていたという。さらに、「簡単にいえば半年はロシアにいるわけなので、一般の方と同じようなデートとかできないんですけど、私は(恋愛を)してました」と現役時代に恋人がいたことも明かした。

 畠山の当時のお相手に、MCを務めるタレント、今田耕司(52)も興味津々で、「日本人と付き合ってた?」「日本でデートしてたの?」と質問攻めに。お相手について日本人だったと明かしたものの「アスリート?」との質問には「秘密です」と黙秘。今田が「でも一般の方ですもんね、相手の方もね」と攻め方を変え始めると「その聞き方、ずる~い」と苦笑するしかなかった。最終的に今田が「一般では、なかったな…」と結論付けると「次いきましょう!」と笑顔でごまかした。

今、あなたにオススメ
Recommended by