2018.6.8 23:10

ティエム、初の決勝へ「フルパワーで戦いたい」/全仏テニス

ティエム、初の決勝へ「フルパワーで戦いたい」/全仏テニス

特集:
全仏オープン
男子シングルス準決勝でマルコ・チェッキナートと対戦するドミニク・ティエム=パリ(共同)

男子シングルス準決勝でマルコ・チェッキナートと対戦するドミニク・ティエム=パリ(共同)【拡大】

 テニスの全仏オープン第13日は8日、パリのローランギャロスで行われ、男子シングルス準決勝で第7シードのドミニク・ティエム(オーストリア)が世界ランキング72位でノーシードのマルコ・チェッキナート(イタリア)を7-5、7-6、6-1で下し、四大大会初となる10日の決勝に進出した。

 3年連続の準決勝で、ようやく白星を手にした。クレーコート巧者のティエムは粘り強いチェッキナートに手を焼いたが、タイブレークで12-10までもつれ「きつかった。大きな鍵だった」と振り返る第2セットを含めてストレート勝ち。観客から万雷の拍手を浴び、さわやかに笑った。

 強烈なサーブとフォア、鋭角に放つ片手打ちバックハンドは全てが一級品。今季のツアーで最も勝ち星を稼いでいる24歳の実力者は、一気に頂点を奪う力を秘める。「自分の高いレベルを維持して、決勝はフルパワーで戦いたい」と大一番を心待ちにした。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by