2018.6.3 18:21

元幕内北太樹、小野川親方が断髪式 1月に引退、師匠の山響親方が大銀杏切り落とす

元幕内北太樹、小野川親方が断髪式 1月に引退、師匠の山響親方が大銀杏切り落とす

断髪式で師匠の山響親方(右)に大銀杏を切り落とされる元幕内北太樹の小野川親方=東京・両国国技館

断髪式で師匠の山響親方(右)に大銀杏を切り落とされる元幕内北太樹の小野川親方=東京・両国国技館【拡大】

 1月の大相撲初場所を前に現役を引退した元幕内北太樹の小野川親方(35)=讃岐明義、東京都出身、山響部屋=の断髪式が3日、東京・両国国技館で行われ、横綱稀勢の里ら約300人が出席し、師匠の山響親方(元幕内巌雄)が大銀杏を切り落とした。

 2015年11月に急死した北の湖親方(元横綱)が師匠だった部屋から1998年春場所で初土俵を踏んだ。左四つの速攻を武器に幕内在位38場所。時折、涙ぐんだ小野川親方は「15歳の時から育ててもらった。基本が一番大事だと教えてもらった。熱い気持ちを持って土俵に上がれる力士を育てたい」と亡き師への恩返しを誓った。

  • 元幕内北太樹の小野川親方(左)の断髪式ではさみを入れる横綱稀勢の里=東京・両国国技館
  • 小野川親方(下)の断髪式に出席し、はざみを入れる稀勢の里
今、あなたにオススメ
Recommended by