2018.6.3 19:34

伊藤、初の決勝に喜び トップ選手と競い合い「雰囲気が全然違った」/スポーツクライミング

伊藤、初の決勝に喜び トップ選手と競い合い「雰囲気が全然違った」/スポーツクライミング

 スポーツクライミングのワールドカップ(W杯)ボルダリング第5戦は3日、東京都八王子市のエスフォルタアリーナ八王子で行われ、女子で今季からW杯に参戦している16歳の伊藤ふたば(同)は初めて決勝に残って6位だった。

 今季からW杯に参戦している女子の伊藤は初めて決勝の舞台に立った。表彰台には届かなかったが、世界のトップ選手と競い合い「雰囲気が全然違った」と声を弾ませた。

 海外転戦を経験し「登れない課題があっても次に切り替える部分で成長できている」と実感して迎えた今大会だった。準決勝では第1課題を2度目のトライでクリア。第4課題を一発で攻略して決勝の切符をつかみ「見た時に登れそうだなと感じた。1回目のトライで集中できた」と笑みがこぼれた。

 ホールド(突起物)間の距離が遠くなった決勝は4課題全てにはね返された。それでも「決勝の課題を触ることでかなり違ってくる。(決勝進出は)すごく大きい」と自信を深めた様子だった。

今、あなたにオススメ
Recommended by