2018.6.2 16:52

山県「まずは10秒0台」 3日に布勢スプリント/陸上

山県「まずは10秒0台」 3日に布勢スプリント/陸上

記者会見で抱負を語る山県亮太=コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場

記者会見で抱負を語る山県亮太=コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場【拡大】

 陸上の布勢スプリントの男子100メートルに出場する有力選手が大会前日の2日、会場の鳥取市のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場で記者会見し、日本歴代2位の10秒00の記録を持つ山県亮太(セイコー)は「スタートからレースを先導し、中盤の走りにつなげていければ」と抱負を述べた。

 山県は5月20日のセイコー・ゴールデングランプリ大阪で向かい風0・7メートルの中、今季自己最高の10秒13で走った。「まずは(10秒)0台を目標にして、ベストを尽くしたい」と意気込んだ。

 今季は10秒19が最高のケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は「(下旬の)日本選手権につながるいいレースができれば。勝ちにもタイムにもこだわりたい」と話し、多田修平(関学大)は「今季はまだ納得のいく走りができていない。いい流れをつくりたい」と力を込めた。

今、あなたにオススメ
Recommended by