2018.5.30 12:08

ジョージア大使も栃ノ心の昇進に興奮「年内に横綱になれると思う」

ジョージア大使も栃ノ心の昇進に興奮「年内に横綱になれると思う」

伝達式後、喜ぶ栃ノ心=墨田区・春日野部屋(撮影・高橋朋彦) 

伝達式後、喜ぶ栃ノ心=墨田区・春日野部屋(撮影・高橋朋彦) 【拡大】

 日本相撲協会は30日、東京都墨田区の両国国技館で大相撲名古屋場所(7月8日初日、ドルフィンズアリーナ)の番付編成会議と臨時理事会を開き、栃ノ心(30)=本名レバニ・ゴルガゼ、ジョージア出身、春日野部屋=の大関昇進を全会一致で決めた。協会は墨田区の春日野部屋に使者の出羽海理事(元幕内小城ノ花)と大鳴戸審判委員(元大関出島)を派遣し、昇進を伝えた。

 栃ノ心の母国ジョージアのツィンツァゼ駐日大使は、同国史上初の大関誕生に興奮の様子だった。「とても歴史的なことだ。大変素晴らしい。年内に横綱になれると思う」と大喜びだった。

 今年2月には栃ノ心を名誉観光大使に任命した。大関昇進でさらに活躍の幅は広がりそうで、同大使は「2020年東京五輪でも、ジョージアをサポートしてほしいね」と期待を寄せた。

今、あなたにオススメ
Recommended by