2018.5.28 05:01

池江、女子100バタも制し5冠!出場5種目すべて優勝/競泳

池江、女子100バタも制し5冠!出場5種目すべて優勝/競泳

女子100メートルバタフライの表彰後、ポーズをとる池江璃花子。この大会5冠を達成した=東京辰巳国際水泳場

女子100メートルバタフライの表彰後、ポーズをとる池江璃花子。この大会5冠を達成した=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 競泳・ジャパン・オープン最終日(27日、東京辰巳国際水泳場)8月のパンパシフィック選手権(東京)とジャカルタ・アジア大会代表選考会。女子100メートルバタフライは、池江璃花子(17)=ルネサンス=が56秒93で制し、今大会5冠を達成した。男子200メートル背泳ぎは、萩野公介(23)=ブリヂストン=が1分57秒18で、女子200メートル平泳ぎは、渡部香生子(21)=早大=が2分22秒88でそれぞれ優勝した。

 池江は最も力を入れて練習を積んでいる100メートルバタフライで56秒93とまずまずのタイム。今大会は5種目に出場しすべて優勝するなど、力の差を見せつけた。今後は来月上旬から始まる欧州グランプリを転戦し、8月の国際大会に臨む。世界大会での初のメダルを期待される17歳は「自分がチームを引っ張っていけるように頑張りたい」と頼もしかった。

渡部香生子「久しぶりの優勝なのでうれしい。またはい上がってこられた。諦めないでよかった」

萩野公介「(泳ぐ前は)右肘に不安があったけど、違和感がなくて安心した」

  • 女子100メートルバタフライで優勝した池江璃花子(中央)。右は2位の大橋悠依、左は3位の相馬あい=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライで優勝し、笑顔で歓声に応える池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライ決勝で、2位の大橋悠依(左)と抱き合う優勝の池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライ決勝56秒93で優勝した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子100メートルバタフライ決勝56秒93で優勝した池江璃花子=東京辰巳国際水泳場
  • 1分57秒18で優勝した萩野公介=東京辰巳国際水泳場
  • 男子200メートル背泳ぎで優勝し笑顔の萩野公介。右は4位の砂間敬太=東京辰巳国際水泳場
  • 1分57秒18で優勝した萩野公介=東京辰巳国際水泳場
  • 2分22秒88で優勝した渡部香生子=東京辰巳国際水泳場
  • 2分8秒30で優勝した渡辺一平=東京辰巳国際水泳場
  • 2分22秒88で優勝した渡部香生子=東京辰巳国際水泳場
  • 女子200メートル平泳ぎで優勝した渡部香生子(中央)。右は2位の鈴木聡美、左は3位の青木玲緒樹=東京辰巳国際水泳場
今、あなたにオススメ
Recommended by