2018.5.27 19:05

小関は決勝に進めず「全てを見つめ直したい」/競泳

小関は決勝に進めず「全てを見つめ直したい」/競泳

 競泳のジャパン・オープン最終日は27日、東京辰巳国際水泳場で行われ、男子200メートル平泳ぎで昨年の世界選手権銀メダリスト、小関(ミキハウス)は決勝進出を逃し9~16位決定戦に回った。そのレースでも2分12秒65と振るわず「かなり遅い。もう少し出てもよかった」と渋い顔だった。

 キックのかかりがいまひとつといい「泳ぎやレース展開、全てを見つめ直したい」。ただ、この時期はタイムが伸びないことが多く「夏に向けては大丈夫だと思う」と前向きに語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by