2018.5.27 05:03

「マサル」だいた~ん!ザギトワにチュー、モスクワで秋田犬贈呈/フィギュア

「マサル」だいた~ん!ザギトワにチュー、モスクワで秋田犬贈呈/フィギュア

特集:
平昌五輪
初対面を喜ぶザギトワに、マサルが顔をペロリとなめてあいさつ (共同)

初対面を喜ぶザギトワに、マサルが顔をペロリとなめてあいさつ (共同)【拡大】

 秋田犬保存会(本部・秋田県大館市)は26日、平昌五輪フィギュアスケート女子で金メダルを獲得したアリーナ・ザギトワ(16)=ロシア=に、モスクワ市内のホテルで子犬を贈呈した。

 秋田犬は生後3カ月の雌。ザギトワは勝利の意味を込めて「マサル」と名付ける考え。待望の初対面を果たし「心待ちにしていた。仲の良い家族になれると思う」と大喜び。子犬を抱き上げ、ほおずりした。「マサル」もザギトワの頬をなめるシーンがあった。

 日ロ首脳会談のため、同地を訪問中の安倍晋三首相夫妻も出席した。保存会会長で日本維新の会の遠藤敬国対委員長は「両国の友好の証しとなれば」と話した。

 ザギトワは2月の平昌五輪直前に日本国内で調整していた際、雑誌で見た秋田犬に一目惚れ。それを知った保存会が贈呈を決めていた。

  • 贈呈された秋田犬の子犬を抱き、笑顔のアリーナ・ザギトワ選手=モスクワ(共同)
  • 贈呈された秋田犬の子犬を抱き、笑顔のアリーナ・ザギトワ選手=モスクワ(共同)
  • 贈呈された秋田犬の子犬を抱くアリーナ・ザギトワ選手=モスクワ(共同)
  • 贈呈された秋田犬の子犬を抱き、笑顔のアリーナ・ザギトワ選手=モスクワ(共同)