2018.5.27 18:34

女子七種競技はヘンプヒル恵が4連覇、男子200は山下初V/陸上

女子七種競技はヘンプヒル恵が4連覇、男子200は山下初V/陸上

優勝したヘンプヒル恵の走り幅跳び=相模原ギオンスタジアム

優勝したヘンプヒル恵の走り幅跳び=相模原ギオンスタジアム【拡大】

 陸上の関東学生対校選手権最終日は27日、相模原ギオンスタジアムなどで行われ、男子200メートルは山下潤(筑波大)が20秒31で初優勝した。追い風6・7メートルの参考記録。

 女子七種競技はヘンプヒル恵(中大)が5627点で4連覇を達成。同200メートルは広沢真愛(日体大)が23秒56の追い風参考記録で制した。

 対校得点の男子は日大が7年連続27度目、女子は筑波大が2年ぶり27度目の優勝を果たした。

 また、関東学生連盟の規定により、過去5年間の総合得点が最も多い日大に来年の第95回東京箱根間往復大学駅伝の出場権が与えられた。

  • 優勝したヘンプヒル恵のやり投げ=相模原ギオンスタジアム
  • 20秒31(追い風参考)で優勝した山下潤(右)=相模原ギオンスタジアム
  • 20秒31(追い風参考)で優勝した山下潤=相模原ギオンスタジアム
  • 男子200メートルで優勝し、ポーズを決める山下潤=相模原ギオンスタジアム
  • 23秒56(追い風参考)で優勝した広沢真愛=相模原ギオンスタジアム
今、あなたにオススメ
Recommended by