2018.5.26 19:51

大橋、2種目制覇に安堵「自分の力をしっかり出せた」/競泳

大橋、2種目制覇に安堵「自分の力をしっかり出せた」/競泳

女子200メートル個人メドレーで優勝し、2位の韓国の金ソヨン(手前)と健闘をたたえ合う大橋悠依=東京辰巳国際水泳場

女子200メートル個人メドレーで優勝し、2位の韓国の金ソヨン(手前)と健闘をたたえ合う大橋悠依=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 競泳のジャパン・オープン第3日は26日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子の200メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が2分9秒17で1位となり、400メートルとの2冠を達成した。

 大橋は今夏のアジア大会などでライバルになる金ソヨン(韓国)を抑え、400メートルに続いて2種目制覇。他の選手が予選から飛ばしていただけに決勝前は緊張したそうだが「そういう状況でも落ち着いて泳ぎ、自分の力をしっかり出せた」と安堵の表情を浮かべた。

 平井コーチは教え子の緊張を感じ取り「最後は自分を信じるだけ」と声を掛けて送り出した。女子個人メドレーの第一人者としての面目を保ち「勇気をもって泳げた」と助言に感謝した。

  • 女子200メートル個人メドレー決勝2分9秒17で優勝した大橋悠依の平泳ぎ=東京辰巳国際水泳場
今、あなたにオススメ
Recommended by