2018.5.26 05:00

【矢尾板貞雄】井上の連打はバンタム級と思えない重さ 

【矢尾板貞雄】

井上の連打はバンタム級と思えない重さ 

1R、TKOを決める井上尚弥

1R、TKOを決める井上尚弥【拡大】

 プロボクシング・ダブル世界タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)井上尚の完勝だった。立ち上がりはフェイントをかけながら相手に打たせようという動きも見せていたが、王者が思い切り打ってくることが分かると、カウンターが効果的だとみてとった。

 相手のパンチを外しながら、体を沈めるようにしての左ボディーアッパー2発で最初のダウンを奪った。これまでオープン気味だったパンチも、ナックルでしっかりとらえていた。フィニッシュの連打はバンタム級と思えない重さを感じた。

 前に出てくる相手を手玉に取る内容には文句のつけようがない。今後はさらにビッグマッチが待つだろう。そこでは、さらに高度な駆け引きも必要になってくる。

 拳四朗は体が大きくなり、パワーがついた。「自分にも倒せるパンチがある」という自信が生まれたことが、最も大きな成果だろう。(サンケイスポーツ評論家)

  • マクドネルに猛ラッシュする井上(左)。112秒で粉砕し、世界3階級制覇を達成した(撮影・今野顕)
  • 2Rで決め笑顔を見せる拳四朗=大田区総合体育館(撮影・今野顕)
  • 井上尚弥・プロ全成績
  • 拳四朗・プロ全成績
  • プロボクシング・日本ジム所属の現役男子世界王者
今、あなたにオススメ
Recommended by