2018.5.25 21:29

井上尚弥、国内最速の3階級制覇!前日計量から12キロ増のマクドネルを1回TKO/BOX

井上尚弥、国内最速の3階級制覇!前日計量から12キロ増のマクドネルを1回TKO/BOX

ジェイミー・マクドネルに1R、TKOを勝ちした井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・今野顕)

ジェイミー・マクドネルに1R、TKOを勝ちした井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・今野顕)【拡大】

 プロボクシング・WBA世界バンタム級タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)井上尚弥(25)=大橋=が、同級王者のジェイミー・マクドネル(32)=英国=に1回TKO勝ちで、国内最速となる16戦目での3階級制覇を達成した。初回に左ボディーでダウンを奪い、その後は連打を繰り出すとレフェリーが試合を止めた。

 前日計量では身勝手な王者に振り回された。計量は午後1時開始だったが、減量に苦しむマクドネルが会場に姿を見せたのは午後2時10分。この間、井上は空腹、ノドの渇きと闘ったが限界だった。体重を量り、リミットよりも150グラム減っていたため、どうにか水分を補給できた。時間を守れない王者への敬意は消えうせた。

 わずか1日で体重を大幅に落とした王者は、げっそりとした頬で眼はうつろだった。驚くほど変貌した王者と対照的に、1階級上げ、減量の苦しさが軽減された井上はコンディションに不安はなかった。試合前の当日計量は前日から6キロ増の59・5キロだった井上に対し、マクドネルは65・3キロで12キロも増やしてきた。

 怒りとともに初めて立つバンタム級のリングで過去に判定負けしかないマクドネルをリングに沈めた。試合前に味わった屈辱の借りを返し、国内最速の3階級制覇を成し遂げた。

  • 1R、ジェイミー・マクドネル(左)を攻める井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・福島範和)
  • 1R、ジェイミー・マクドネル(左)を攻める井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・福島範和)
  • 1R、右ストレートを決める井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・今野顕)
  • 1R、TKOを決める井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・今野顕)
  • 1R、ジェイミー・マクドネル(左)を攻める井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・福島範和)
  • 1R、TKOを決める井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・今野顕)
  • 1R、ジェイミー・マクドネル(奥)からダウンを奪い、ガッツポーズの井上尚弥=大田区総合体育館(撮影・福島範和)
今、あなたにオススメ
Recommended by