2018.5.25 21:20

拳四朗のKO負けのロペス「早い段階で終わって落ち込んでいる」/BOX

拳四朗のKO負けのロペス「早い段階で終わって落ち込んでいる」/BOX

2R、右ボディーを決めKOを奪う拳四朗=大田区総合体育館(撮影・今野顕)

2R、右ボディーを決めKOを奪う拳四朗=大田区総合体育館(撮影・今野顕)【拡大】

 ボクシングのダブル世界戦各12回戦が25日、東京・大田区総合体育館で行われ、世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級で、26歳の拳四朗(BMB)が同級1位ガニガン・ロペス(メキシコ)に2回1分58秒でKO勝ちし、3度目の王座防衛に成功した。

 タイトル奪還を狙った36歳のロペスは「早い段階で終わって落ち込んでいる」と肩を落とした。息を吐ききったタイミングでボディーにパンチをもらい、呼吸ができない状態に陥ったという。

 拳四朗のパンチに対しては「少しパワーが増したように思う」と成長を認め、再々戦については「そのチャンスが来るのは難しいが、待ちたい。現役は続ける」と口にした。

今、あなたにオススメ
Recommended by