2018.5.25 05:00

拳四朗、総額8万円の豪華ランチに感激/BOX

拳四朗、総額8万円の豪華ランチに感激/BOX

計量を終え、ご褒美の高級牛肉に笑顔を見せる拳四朗=東京都文京区(撮影・山田俊介)

計量を終え、ご褒美の高級牛肉に笑顔を見せる拳四朗=東京都文京区(撮影・山田俊介)【拡大】

 プロボクシングのダブル世界戦(25日、東京・大田区総合体育館)の計量が24日、東京都内で行われた。V3に挑むWBC世界Lフライ級王者の拳四朗はリミットより200グラム軽い48.7キロで計量をパス。「よかった。6~8回くらいにKOで勝ちたい」と意気込み、計量後は恒例となったお弁当タイムを楽しんだ。東京都内の焼き肉店「西麻布 けんしろう」のオーナーシェフ、岩崎健志郎さん(40)が今回届けてくれたのは、高級山形牛の希少部位シャトーブリアンの握りずし。一貫4000円、総額8万円の豪華昼食に「胃が喜んでいる」と感激していた。

  • 計量を終え、ご褒美の高級牛肉寿司に舌鼓を打つ拳四朗=東京都文京区(撮影・山田俊介)
  • 計量をパスし笑顔でVサインの拳四朗=東京都文京区(撮影・山田俊介)
  • 計量を終えファイティングポーズをとるガニガン・ロペス(左)と拳四朗=東京都文京区(撮影・山田俊介)
今、あなたにオススメ
Recommended by