2018.5.25 05:00

【矢尾板貞雄】井上が一層有利になった

【矢尾板貞雄】

井上が一層有利になった

にらみ合うジェイミー・マクドネル(左)、井上尚弥=東京都文京区 (撮影・山田俊介)

にらみ合うジェイミー・マクドネル(左)、井上尚弥=東京都文京区 (撮影・山田俊介)【拡大】

 減量に苦しんだマクドネルは1日で別人のように変わった。その分、スピード、パワー、技術で上回る井上が一層有利になった。

 王者が試合まで、どれだけ回復するかは未知数だが、減量によるダメージは少なくない。スタミナに不安を抱える王者は1回から強引に仕掛けてくるだろう。井上は相手に付き合わず、序盤は冷静に戦い、消耗を待って攻撃に転じれば、中盤までにKOできるだろう。

 拳四朗とロペスは1年ぶりの再戦。拳四朗は前回同様に自分の距離を保ち、上下に打ち分ければペースを握れる。36歳の前王者は終盤にスタミナが落ちるので、そこが狙い目になる。(サンケイスポーツ評論家)

  • 計量に臨む井上尚弥=東京都文京区(撮影・山田俊介)
  • 計量に臨むジェイミー・マクドネル=東京都文京区(撮影・山田俊介)
  • 計量を終え、ファイティングポーズをとるジェイミー・マクドネル(左)と井上尚弥=東京都文京区(撮影・山田俊介)
  • プロボクシング・ダブル世界タイトルマッチ