2018.5.23 16:53

古賀淳也がドーピング陽性、意図的摂取は否定 アジア大会出場取りやめ/競泳

古賀淳也がドーピング陽性、意図的摂取は否定 アジア大会出場取りやめ/競泳

古賀淳也

古賀淳也【拡大】

 日本水泳連盟は23日、競泳男子で2016年リオデジャネイロ五輪代表の古賀淳也選手(30)=第一三共=がドーピング検査で陽性反応を示したと発表した。古賀選手は禁止薬物の意図的な摂取を否定したが、暫定資格停止処分で、代表に決まっていた8~9月のアジア大会(ジャカルタ)には出場できなくなった。

 古賀選手の代理人によると、3月2日の世界反ドーピング機関(WADA)による抜き打ち検査(競技会外検査)でタンパク同化薬の陽性反応が出た。真相究明を求めて既に国際水泳連盟に申し立てを行った。

 古賀選手は09年世界選手権の100メートル背泳ぎで金メダルを獲得。12年ロンドン五輪は出場を逃したが、リオ五輪は400メートルリレーのメンバーとして出場した。

今、あなたにオススメ
Recommended by