2018.5.22 17:12

東京五輪の出場枠、初めて男女同数に/柔道

東京五輪の出場枠、初めて男女同数に/柔道

 国際柔道連盟(IJF)は21日、2020年東京五輪の予選方式を発表し、男女の出場枠数が初めて同数となった。各193人で、ビゼール会長はIJFの公式サイトで「東京五輪で柔道の新たなムーブメントが始まる」とコメントした。前回リオデジャネイロ五輪は男子237人、女子153人だった。

 出場資格は20年5月25日時点の世界ランキングで男女各7階級のそれぞれ上位18人(各国・地域1人)にまず与えられる。このランキングは、今月25日開始のグランプリ大会(中国)で得られるポイントから反映される。残りの枠は、各大陸連盟などに分配する。日本には、リオ大会と同様に男女とも各階級1ずつの開催国枠が与えられる。

 柔道は1964年東京大会で五輪に初採用され、女子は92年バルセロナ大会で正式競技となった。日本はこれまで五輪で実施された全階級で出場枠を獲得している。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by