2018.5.20 15:43

内村、逆転でV10!2位の白井と世界選手権代表に決定/体操

内村、逆転でV10!2位の白井と世界選手権代表に決定/体操

特集:
内村航平
表彰式で写真撮影に臨む内村航平=東京体育館(撮影・川口良介) 

表彰式で写真撮影に臨む内村航平=東京体育館(撮影・川口良介) 【拡大】

 体操・NHK杯(20日、東京体育館)世界選手権(10~11月・ドーハ)代表選考会を兼ねて行われ、持ち点となる4月の全日本選手権で3位からの巻き返しを狙った五輪王者の内村航平(29)=リンガーハット=が合計258・629点で10連覇を飾り、世界選手権代表を決めた。最終種目の鉄棒で逆転した。全日本2位の白井健三(21)=日体大=が257・895点で2位に入り、内村とともに代表入りした。全日本で最年少優勝を果たした谷川翔(19)=順大=は255・927点で4位だった。

 全日本は予選と決勝の合計得点で争われ、内村は予選で出遅れたことが響いて11連覇を逃したが、決勝では細かな演技の乱れが出たものの全体トップの得点だった。国内でも個人総合の連勝記録が止まったことで長年背負ってきた重荷を下ろし、NHK杯までの時間は充実したものになった。

 持ち点で谷川翔と0・832点、白井と0・500点の小差で今大会を迎えた。5種目目の平行棒を終えた時点では谷川に0・564点、白井に0・166点差の3位だったが、得意とする最終種目の鉄棒で14・966点のハイスコアをマーク。着地を完璧に決め、ドヤ顔を浮かべたキングが貫禄をみせつけた。

  • 表彰式を写真撮影に臨む内村航平(左)と白井健三=東京体育館(撮影・川口良介)
  • 体操個人総合のNHK杯で10連覇を達成した内村航平。鉄棒で会心の演技をしガッツポーズ=20日、東京体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by