2018.5.20 05:00

【絆トーク】大きく世界に近づいた畠田瞳、母との間に感じた強い絆

【絆トーク】

大きく世界に近づいた畠田瞳、母との間に感じた強い絆

畠田瞳の跳馬=東京体育館

畠田瞳の跳馬=東京体育館【拡大】

 19日に行われた体操のNHK杯。女子は6人の世界選手権代表候補が選出され、畠田瞳が初めて名を連ねた。

 最も印象的だったのは、母であり、コーチでもある友紀子さん。瞳のすべての演技が終わると涙をこらえきれず、しかもそれが会場の巨大スクリーンに映し出され「恥ずかしい」と赤面。それでも、「ずっと一番そばで支えてくれた。感謝しかない」とは瞳。元体操選手だった母と娘の強い絆を感じた。

 目指す東京五輪まで2年。戦いの舞台を日本から世界に変えた親子の絆を武器に、大舞台で観客を魅了する演技を見せてほしい。(五輪競技担当・角かずみ)

  • 畠田瞳の平均台=東京体育館
  • 平均台の演技後、ガッツポーズする畠田瞳。3位に入った=東京体育館
  • 畠田瞳の平均台=東京体育館
  • 床運動の演技後、笑顔を見せる畠田瞳。3位に入った=東京体育館
  • 畠田瞳の段違い平行棒=東京体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by