2018.5.19 20:21

“新顔”に畠田瞳と梶田 塚原女子強化本部長「若手が入ってくれた。いいチームだと思う」/体操

“新顔”に畠田瞳と梶田 塚原女子強化本部長「若手が入ってくれた。いいチームだと思う」/体操

体操の世界選手権の代表候補に選ばれ、笑顔を見せる(左から)村上茉愛、寺本明日香、畠田瞳、杉原愛子、梶田凪、宮川紗江=東京体育館

体操の世界選手権の代表候補に選ばれ、笑顔を見せる(左から)村上茉愛、寺本明日香、畠田瞳、杉原愛子、梶田凪、宮川紗江=東京体育館【拡大】

 体操の世界選手権(10~11月・ドーハ)代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は19日、東京体育館で開幕し、女子は4月の全日本選手権で3連覇した村上茉愛(日体大)が合計168・530点で2年連続2度目の優勝を果たした。

 全日本の得点を持ち点に争われ、5・902点差で2位の寺本明日香(ミキハウス)、3位の畠田瞳(セントラル目黒)、4位の杉原愛子(朝日生命)、5位の梶田凪(山梨ジュニアク)、6位の宮川紗江(レインボー)までが代表候補に決まった。開催地のドーハ入り後、日本体操協会の強化本部が候補6人の状態を見極め、代表5人に絞り込む。

 昨年の世界選手権代表は全て2016年リオデジャネイロ五輪メンバーだったが、今回は畠田瞳、梶田と新たな顔ぶれが候補入り。日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長は「若手が入ってくれた。いいチームだと思う」とうなずいた。

 世界選手権では団体総合3位以内で20年東京五輪出場権を獲得することが目標。NHK杯の順位にこだわらず、現地入りしてからの状態を踏まえ、最終的なメンバー5人を決める考えを示した。

  • 床運動の演技後、笑顔を見せる畠田瞳。3位に入った=東京体育館
  • 梶田凪の床運動=東京体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by