2018.5.18 19:56

白鵬、新鋭・阿炎に防戦一方で初黒星「見ての通り」/夏場所

白鵬、新鋭・阿炎に防戦一方で初黒星「見ての通り」/夏場所

風呂から出た白鵬=両国国技館(撮影・福島範和)

風呂から出た白鵬=両国国技館(撮影・福島範和)【拡大】

 大相撲夏場所6日目(18日、両国国技館)白鵬は初顔合わせの新鋭、阿炎にいいところなく押し出された。横綱審議委員会から苦言を呈されている立ち合いの張り手はせず、左上手を取りにいく。だが、もろ手突きに上体が起き、防戦一方のまま後退。「見ての通り」と口をとがらせた。

 藤島審判長(元大関武双山)は取組前からリズムの悪さを感じていた。2番前の豪栄道が敗れた時に土俵の土が白鵬に降りかかった。「験が悪いと思ったんじゃないか」と藤島審判長。さらに土俵下から立ち上がるタイミングも通常より早く「ふわふわしていた」と心の乱れを指摘した。

 引き揚げる際、白鵬は「いい相撲を取った」と相手を素直にたたえた。初黒星には「本当に一番一番」と自らに言い聞かせるように話した。

八角理事長(元横綱北勝海)の話「白鵬は受けてしまった。どうさばいていいか分からなかった感じ。引き方も悪い。阿炎が(白鵬を一気に土俵外に)持っていけるとは思わなかった。栃ノ心は今日みたいに絶対に勝たなきゃいけない相手に勝っていくことが大事だ」

6日目結果へ7日目取組へ

  • 白鵬が押し出しで阿炎に敗れる=両国国技館
  • 阿炎(左)が押し出しで白鵬を破る=両国国技館
今、あなたにオススメ
Recommended by