2018.5.18 05:03(1/3ページ)

納谷、デビュー10連勝!土俵下の貴審判長認めた「いい相撲」/夏場所

納谷、デビュー10連勝!土俵下の貴審判長認めた「いい相撲」/夏場所

北勝誉を押し出した納谷(左)。貴乃花親方が審判長を務めた取組で連勝を10に伸ばした(撮影・菊本和人)

北勝誉を押し出した納谷(左)。貴乃花親方が審判長を務めた取組で連勝を10に伸ばした(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲夏場所5日目(17日、両国国技館、観衆=1万936)「昭和の大横綱」といわれた元横綱大鵬の孫で、東序二段11枚目の納谷(18)が三番相撲を取って3連勝。3月の春場所の7戦全勝と合わせて、番付にしこ名が載ってからの連勝を「10」に伸ばした。この日は審判部の貴乃花親方(45)=元横綱=が今場所初めて「審判長」を務め、正面に座って納谷を熱い視線で追いかけた。新小結遠藤(27)は関脇逸ノ城(25)との熱戦を制し、白星を先行させた。逸ノ城は初黒星。

【続きを読む】

  • 納谷は押し出しで北勝誉に勝利=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 押し出しで北勝誉に勝利し、取組み後囲み取材に応じる納谷=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 神山-大翔虎の取組みで物言いがつき、マイクを持ち説明をする審判の貴乃花親方=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 神山-大翔虎の取組みで物言いがつき、マイクを持ち説明をする審判の貴乃花親方=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 御嶽海は引き落としで玉鷲に勝った=両国国技館(撮影・福島範和)
  • 安美錦は引き落としで豪風に勝った=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 遠藤は寄り切りで逸ノ城に勝った=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • はたき込みで阿炎(左)を下した鶴竜=両国国技館
  • 豪栄道(左)が押し出しで豊山を下す=両国国技館
  • 栃ノ心は寄り切りで魁聖に勝った=両国国技館(撮影・菊本和人)
  • 白鵬が上手投げで大栄翔を下す=両国国技館
  • 正代が寄り切りで千代翔馬を破る=両国国技館
今、あなたにオススメ
Recommended by