2018.5.18 05:02

遠藤、逸止めた!「しっかり我慢できた」/夏場所

遠藤、逸止めた!「しっかり我慢できた」/夏場所

特集:
遠藤
遠藤は寄り切りで逸ノ城に勝った=両国国技館(撮影・菊本和人)

遠藤は寄り切りで逸ノ城に勝った=両国国技館(撮影・菊本和人)【拡大】

 大相撲夏場所5日目(17日、両国国技館、観衆=1万936)不十分な右四つでも、新三役の気概が現役関取最重量225キロの相手を土台から揺さぶった。新小結遠藤が、関脇逸ノ城を寄り切って「しっかり我慢できたのがよかった」。支度部屋でも荒い呼吸は収まらない。

 右を深く差し、左は前まわしを取った。だが、73キロも重い逸ノ城は左からの上手投げで遠藤を振り回し360度、一回転させて逆襲。最後は自ら左の前まわしを離して、おっつけながら再び取り直す技巧をみせた遠藤の“技あり”だった。

 観戦した横綱審議委員会・北村委員長は打ち出し後、開口一番「遠藤の相撲はすごかった。興奮した」と絶賛した。ともに出世が早すぎて、足並みをそろえるようにざんばら髪のまま番付上位へ駆け上がったのは4年前。けがで遠回りした遠藤は、3勝2敗と序盤を白星先行で乗り切り「またあした、少しでも状態を戻して取れるように」。一度もほおを緩めることはなかった。

5日目結果へ6日目取組へ

  • 懸賞金を受け取る遠藤=両国国技館(撮影・福島範和)
今、あなたにオススメ
Recommended by