2018.5.18 21:57

SC軽井沢ク、第2戦は競り負ける パシフィック・アジア選手権代表決定戦/カーリング

SC軽井沢ク、第2戦は競り負ける パシフィック・アジア選手権代表決定戦/カーリング

 カーリングのパシフィック・アジア選手権代表決定戦は18日、北海道北見市のアドヴィックス常呂カーリングホールで開幕し、男子は平昌五輪代表のSC軽井沢クが日本選手権優勝のチームIWAIと1勝1敗となった。

 第1戦は4-0の第5エンドに5点をスチールするなど10-1で圧勝。第2戦は1-1の第5エンドに3失点し、逆転できず5-6で競り負けた。

 男女とも3戦先勝方式。勝者が、世界選手権出場を懸けて今秋に実施予定のパシフィック・アジア選手権代表となる。

両角友佑の話「勝っても負けても、最後に3勝していればいい。(第2戦は)自分たちらしくなく、攻められてなかったのが悔やまれる。単純にうちのチームのショットが決まっていなかった」

青木豪の話「1試合目は緊張していた部分もある。星が五分に戻り、流れもいい感じ。このままいきたい。(第2戦は)第1エンドから点が取れ、自分たちのペースになった」

今、あなたにオススメ
Recommended by