2018.5.18 05:00

【記者の目】スポーツは相手あって成り立つ

【記者の目】

スポーツは相手あって成り立つ

アメリカンフットボールの日本大選手による悪質な反則行為問題の経緯

アメリカンフットボールの日本大選手による悪質な反則行為問題の経緯【拡大】

 日大の回答書はある意味予想されたものだった。理事長の信頼が厚い大学NO・2の内田監督に対する大学内部の調査は限界が見えている。反則タックルの指示はおそらく口頭で、今後文書やメールが出てくることもないだろう。監督の指示はないとした結論は24日までに届く再回答書でも変わらないと見る。焦点は関東学連が設置した規律委員会による調査に移った。

 100人が100人「偶発的ではない」と断言する反則タックル。監督、コーチの関与が疑われる複数の状況があるにも関わらず、認めない日大はどこに向かおうとしているのか。法大など3校に続き、この日は明大、成蹊大がオープン戦での対戦を拒否した。会見で関学大・小野ディレクターは無念そうに「日大との信頼関係は完全に崩壊した」と話した。当たり前のことだが、スポーツは相手があって成り立つものである。(元アメフット担当、運動部デスク・大沢謙一郎)

今、あなたにオススメ
Recommended by