2018.5.18 18:55

王者内村、NHK杯で巻き返し狙う「着地しっかりとまとめたい」/体操

王者内村、NHK杯で巻き返し狙う「着地しっかりとまとめたい」/体操

特集:
内村航平
あん馬の公式練習をする内村航平=東京体育館

あん馬の公式練習をする内村航平=東京体育館【拡大】

 体操の世界選手権(10~11月・ドーハ)代表選考会を兼ねた個人総合のNHK杯は東京体育館で19日に女子、20日に男子が争われる。18日に公式練習が行われ、男子で上位2人の代表入りに向け、持ち点となる4月の全日本選手権で3位からの巻き返しを狙う五輪王者の内村航平(リンガーハット)は「ミスなくやれば代表圏内に入れると思う。着地をしっかりとまとめたい」と話した。

 内村は10連覇の偉業もかかるが「代表に入らないことにはこの先、(2年後の)東京(五輪)への道も見えてこない」と言った。全日本で最年少優勝を果たした19歳の谷川翔(順大)は「優勝に近いところにいるのは分かっている、考えすぎずに今まで通り美しく、きれいで丁寧な体操をしたい」と意気込み、2位の白井健三(日体大)は「順位や得点ではなく、自分の演技をしたいという気持ちが一番強い」と語った。

 女子は上位6人が代表候補となる。昨年優勝の村上茉愛(日体大)は「(3連覇した)全日本でつけた2位との差を広げられるような演技をして、きちっと(代表候補の)権利を取りたい」と力を込めた。

畠田瞳の話「ミスのない自分らしい演技がしたい。(世界選手権の)代表入りはあと一歩だと思う。確実に入れるように気を緩めずに頑張りたい」

寺本明日香の話「全日本選手権より体調もいいので、質のいい演技ができると思う。Eスコア(実施点)を意識した演技で4種目やりきりたい」

  • 平行棒の公式練習をする内村航平=東京体育館
  • 公式練習で谷川翔の平行棒を見つめる内村(右から2人目)と白井(同3人目)=東京体育館
今、あなたにオススメ
Recommended by