2018.5.17 05:00

【嘉風ダイアリー】竜電との取り直しの一番を制し2勝目

【嘉風ダイアリー】

竜電との取り直しの一番を制し2勝目

貴乃花親方に向かって突撃!? 嘉風(右)は竜電を圧倒するも、ともに土俵下へ。取り直しとなり、嘉風が勝利した (撮影・福島範和)

貴乃花親方に向かって突撃!? 嘉風(右)は竜電を圧倒するも、ともに土俵下へ。取り直しとなり、嘉風が勝利した (撮影・福島範和)【拡大】

 大相撲夏場所4日目(16日、両国国技館、観衆=1万936)36歳の嘉風が、9つ年下の竜電との取り直しの一番を制し2勝目。星を五分に戻した。「九分九厘勝っていたと思った。あれ以上押し込むと相手が(土俵下に)落ちると思って」。土俵際。徳俵まで押し込み、倒れ込みながら右足が土俵を踏み越したことに「かばい手」ならぬ「『かばい足』のつもりだった」。

 物言いがつき、竜電の体がなくなるのと同時とみなされ取り直しに。仕切っている際にも激しい息づかいが整わず、「疲れを悟られないように息を殺していこうと思ったけど、かえって息苦しくなって」と苦笑いを浮かべた。取り直しの一番では集中力を切らさず寄り切って「疲れた~。この年齢ではきつい」。熱戦の1日2番。館内のファンにはたまらない“おかわり”となった。

4日目結果へ5日目取組へ