2018.5.17 16:34(1/3ページ)

世界記録保持者・鈴木雄介、復帰戦へ「深く感謝」/陸上

世界記録保持者・鈴木雄介、復帰戦へ「深く感謝」/陸上

2年9カ月ぶりの復帰戦へ向けた思いを語る鈴木雄介(中央)。左は富士通の今村文男コーチ、右は福嶋正監督=千葉市の富士通検見川ハウス

2年9カ月ぶりの復帰戦へ向けた思いを語る鈴木雄介(中央)。左は富士通の今村文男コーチ、右は福嶋正監督=千葉市の富士通検見川ハウス【拡大】

 陸上・男子20キロ競歩の世界記録保持者で、19日の東日本実業団選手権5000メートル競歩で競技に復帰する鈴木雄介(30)=富士通=が17日、千葉市内で報道陣の取材に応じ、復帰戦への思いを語った。

 「復帰する機会をいただけて深く感謝しています。2年9カ月ぶりのレースをしっかり歩ききるよう、楽しんでレースできるように頑張りたい」

 鈴木は、やや緊張した面持ちで話した。

 2015年3月に1時間16分36秒の世界新記録をマーク。同年8月の世界選手権では金メダルの期待がかかったが、恥骨炎の影響などで途中棄権。その後も恥骨の疲労骨折が癒えず、翌年3月のリオデジャネイロ五輪代表最終選考会も欠場した。長いリハビリ生活の末に、ようやくの試合復帰できるまでになった。

 「完全に癒えた状況ではなく、リハビリは続いているが、練習を継続してできる状態になった。競歩選手の練習と呼べるレベルまでは戻ってきたが、まだまだ上を目指したい。日本代表を目指せるときが本当の復活になる」

 この間、治療に通っては改善せず、落ち込んで新たな治療先を捜すことを繰り返していた。リオデジャネイロ五輪選考会に出場できず、「一度気持ちが切れた」とも。五輪のころは約半年間、石川県に帰省し、そちらの病院に通っていた。「陸上を辞めて、普通に働くべきじゃないかと思ったこともある」。ただ、引退からセカンドキャリアを考えたとき、できることなら競歩に関わり続けたいと考えたが、コーチをやるためにもけがを治す必要があると考え直したという。

【続きを読む】