2018.5.16 19:30

八角理事長、鶴竜は「焦ったのかな」/夏場所

八角理事長、鶴竜は「焦ったのかな」/夏場所

松鳳山がおしたおしで鶴竜を下す=両国国技館(撮影・福島範和)

松鳳山がおしたおしで鶴竜を下す=両国国技館(撮影・福島範和)【拡大】

 大相撲夏場所4日目(16日、両国国技館)2場所連続制覇が懸かる横綱鶴竜は平幕松鳳山に押し倒され、初黒星を喫した。松鳳山は5個目の金星を獲得。3場所ぶりの優勝を狙う白鵬は平幕魁聖を上手出し投げで仕留め、4連勝とした。

 大関豪栄道は玉鷲に押し出され、2連敗で星が五分に戻った。大関昇進を目指す関脇栃ノ心は小結御嶽海を一方的に寄り切り、豊山を寄り切った関脇逸ノ城とともに4戦全勝。新小結遠藤は阿炎に敗れて2勝2敗。

 勝ちっ放しは白鵬、栃ノ心、逸ノ城に平幕正代の4人となった。

八角理事長(元横綱)の話「鶴竜は立ち合いに遅れて焦ったのかな。安全にさばけば勝てる相手というのは、精神的に受けてしまうことがあるので実は難しい。中途半端になっていた。白鵬は安心して踏み込める相手(魁聖)だった」

4日目結果へ5日目取組へ

  • 松鳳山(右)が押し倒しで鶴竜を破る=両国国技館
今、あなたにオススメ
Recommended by