2018.5.16 17:45

井上尚弥、階級上げ減量苦も和らぐ「過去一番いい状態」 3階級制覇へ練習公開/BOX

井上尚弥、階級上げ減量苦も和らぐ「過去一番いい状態」 3階級制覇へ練習公開/BOX

WBAバンタム級世界戦に向け、ミット打ちで調整する井上尚弥=横浜市の大橋ジム

WBAバンタム級世界戦に向け、ミット打ちで調整する井上尚弥=横浜市の大橋ジム【拡大】

 世界ボクシング協会(WBA)バンタム級タイトルマッチ(25日、大田区総合体育館)で日本最速16戦目で世界3階級制覇に挑む井上尚弥(大橋)が16日、横浜市内のジムで練習を公開し「自分に期待している。歴史に名を刻むような試合にしたい」と抱負を語った。

 身長が180センチほどある王者ジェイミー・マクドネル(英国)を想定したミット打ちでは、打点の高いパンチ、懐に入っての左右のボディーを放った。英国などから長身の練習相手を招き「今までで一番強い相手。高い選手への対策、微調整はしてきた」と成果を口にした。階級を上げて減量苦も和らぎ「過去一番いい状態」と笑みを振りまいた。

 バンタム級王座奪取に成功すれば大舞台が待ち受ける。他団体の王者が参戦する高額賞金大会「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ」からのオファーを受ける意思を表明。「レベルアップできる場。出ないわけにはいかない。そのためにも25日の試合に集中する」と強調した。

  • WBAバンタム級世界戦に向け、ミット打ちで調整する井上尚弥=横浜市の大橋ジム