2018.5.16 05:02

京口、20日IBF世界ミニマム級V2で“テレビ中継”ゲットだ/BOX

京口、20日IBF世界ミニマム級V2で“テレビ中継”ゲットだ/BOX

防衛戦に向けて練習を公開したIBFミニマム級王者の京口紘人

防衛戦に向けて練習を公開したIBFミニマム級王者の京口紘人【拡大】

 プロボクシングのIBF世界ミニマム級王者、京口紘人(24)=ワタナベ=が15日、東京都内の所属ジムで2度目の防衛戦(20日、大田区総合体育館)へ向けた練習を公開した。

 悔しさを洗い流すように、たっぷりと汗をかいた。シャドーボクシング、ミット打ちなどで約1時間半。「世界王者(の試合)が放送されないなんて、子供の頃のイメージから懸け離れている」と漏らした。

 当日のテレビ放送枠は1時間で、生中継されるのはメインを張るWBA・IBF統一世界Lフライ級王者、田口良一(31)の試合だけ。防衛戦が2戦連続で生中継されないという、王者として屈辱的な事態に京口は「一番こだわるのはKO。4回か5回で倒したい」と宣言。試合内容で猛アピールして、次戦は自分の放送枠をつかみ取る。 (伊藤隆)

  • 防衛戦に向けて公開練習するIBFミニマム級王者の京口紘人=東京都品川区のワタナベジム