2018.5.13 05:02

桐生、100メートル復帰戦も10秒26で最下位9位/陸上

桐生、100メートル復帰戦も10秒26で最下位9位/陸上

桐生は今季の100メートル初戦に臨んだが、記録は伸びなかった(共同)

桐生は今季の100メートル初戦に臨んだが、記録は伸びなかった(共同)【拡大】

 陸上・ダイヤモンドリーグ第2戦上海大会(12日、中国・上海)男子100メートルの桐生祥秀(22)=日本生命=は向かい風0・5メートルの条件下、10秒26で最下位の9位に沈んだ。リース・プレスコッド(22)=英国=が10秒04で優勝し、昨夏の世界選手権を制したジャスティン・ガトリン(36)=米国=は7位。桐生は、日本選手で初めて「10秒の壁」を破る9秒98をマークした昨年9月の日本学生対校選手権以来となる100メートルのレースだった。次戦は20日のセイコー・ゴールデングランプリ大阪(ヤンマースタジアム長居)。

 約8カ月ぶりの花形種目は結果を見れば低調だったが、雨にぬれた桐生の表情は明るかった。

 「今の自分の走りがどんなものか。そんなに悪くない」

 ガトリンやリオデジャネイロ五輪3位のデグラッセ(カナダ)ら自己記録が9秒台の選手が9人中7人と実力者がそろった。2年後の東京五輪での決勝進出を目標とする桐生にとって力試しに絶好のメンバー。持ち味の中盤の伸びが欠けて強豪に置いていかれたが、先行されて力む悪癖は出なかったそうで「このメンバーで最後まで自分の走りができたのは良かった」と収穫を強調した。

 春先に好タイムを連発しながら夏に失速した昨季の反省から、今季はシーズン初戦を2カ月近く遅らせた。競技が本格化する夏へ「もっといける」と前を向いた。

  • 男子100メートル最下位の9位だった桐生祥秀(左端)。右端は7位だったジャスティン・ガトリン=上海(共同)
  • 男子100メートルスタートする10秒26で最下位だった桐生祥秀(左から3人目)。左端は優勝したリース・プレスコッド=上海(共同)
  • 男子100メートル10秒26で最下位の9位だった桐生祥秀=上海(共同)
  • 男子100メートル10秒26で最下位の9位だった桐生祥秀=上海(共同)