2018.5.11 21:05

桐生、100M初戦へ調整「だんだん良くなってきている」 中国メディアから取材も/陸上

桐生、100M初戦へ調整「だんだん良くなってきている」 中国メディアから取材も/陸上

 陸上男子短距離の桐生祥秀(日本生命)が11日、日本記録の9秒98をマークした昨年9月以来の100メートル出場となるダイヤモンドリーグ上海大会(12日)に向け、会場で最終調整し「今年は夏にピークを合わせる。だんだん良くなってきている」と充実した表情で語った。11日午後に上海入りした桐生は軽いダッシュでトラックの感触を確かめ、スタートを繰り返し確認。練習後は中国メディアから取材を受けた。

 今季初戦で200メートルを走った3日の静岡国際では体調不良の影響もあり、不本意な記録に終わった。本職の種目に出る今大会は昨夏の世界選手権覇者のジャスティン・ガトリン(米国)や2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルのアンドレ・デグラッセ(カナダ)、9秒99の自己記録を持つ蘇炳添(中国)らトップ選手がそろう。「あまりこういう機会はない。楽しみ」と対決を心待ちにした。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by