2018.5.10 15:17

多田「途中で流した」 予選で追い風参考10秒25 関西学生対校/陸上

多田「途中で流した」 予選で追い風参考10秒25 関西学生対校/陸上

男子100m予選、10秒25の1位でゴールする多田修平=西京極総合運動公園陸上競技場(撮影・寺口純平)

男子100m予選、10秒25の1位でゴールする多田修平=西京極総合運動公園陸上競技場(撮影・寺口純平)【拡大】

 陸上男子短距離の多田修平(関学大)が10日、京都市の西京極陸上競技場で行われた関西学生対校選手権の100メートル予選に出場し、2・5メートルの追い風参考記録となる10秒25で1組1着となり、11日の準決勝に進んだ。

 予選とあって「途中で流した」と説明。決勝まである11日へ「10秒0(台)は最低でも出せたらいい」と意気込んだ。

 4月の記録会後にスタートの改善に取り組んだという。オフには一歩ずつ力強く蹴る形を練習していたが「しっかり押すというイメージはあまり持たないようにしている」と話す。この日は「ちょっともたついた」と言いながらも「(調子は)徐々に上がっている」と明るい表情だった。

  • 男子100m予選、10秒25の1位でゴールする多田修平=京都市右京区の西京極総合運動公園陸上競技場(撮影・寺口純平撮影)
  • 男子100m予選ゴール後、報道陣の取材に応じる多田修平=西京極総合運動公園陸上競技場(撮影・寺口純平)
今、あなたにオススメ
Recommended by