2018.5.9 09:43

加藤、新ペアで全仏出場へ ベテラン青山は「お手本のような動きをする」/テニス

加藤、新ペアで全仏出場へ ベテラン青山は「お手本のような動きをする」/テニス

女子ダブルス1回戦で敗退した青山(左)、加藤組=マドリード(共同)

女子ダブルス1回戦で敗退した青山(左)、加藤組=マドリード(共同)【拡大】

 テニスのマドリード・オープンは8日、マドリードで行われ、女子ダブルス1回戦で青山修子(近藤乳業)加藤未唯(ザイマックス)組はアシュリー・バーティ(オーストラリア)ココ・バンダウェイ(米国)組に1-6、6-7で敗れた。

 加藤は穂積絵莉(橋本総業)とのペアで昨年の全豪オープン4強入りを果たしたが、27日開幕の全仏オープンには青山と組んで出場すると明らかにした。

 女子ダブルスの加藤がツアー8勝のベテラン青山との新コンビで全仏オープンに臨むことを明らかにした。同じ1994年生まれの穂積と組んで昨年の全豪オープンで4強入りしたが「(青山は)お手本のような動きをする。私よりキャリアも長くて知識もあるし、そういう人と一度組んでみたかった」と飛躍を期して打診したという。

 この日は格上ペアに敗れたものの、結成3大会目で手応えも感じている様子。30歳の青山は7歳下の加藤らの活躍に「刺激を受け、四大大会でもっと勝ちたいという気持ちになった」とし、今季はダブルスを最重視する考えを示した。(共同)

  • 女子ダブルス1回戦で敗退し、引き揚げる青山(右)、加藤組=マドリード(共同)
今、あなたにオススメ
Recommended by