2018.5.6 05:02(1/2ページ)

興毅が現役続行宣言!“引退試合”でポンサクレックをTKO/BOX

興毅が現役続行宣言!“引退試合”でポンサクレックをTKO/BOX

特集:
亀田興毅
因縁の相手、ポンサクレックを終始圧倒した亀田興(左)。思わず“現役続行”を宣言した(撮影・今野顕)

因縁の相手、ポンサクレックを終始圧倒した亀田興(左)。思わず“現役続行”を宣言した(撮影・今野顕)【拡大】

 プロボクシング・非公式戦(5日、後楽園ホール)元3階級世界王者で、1日限定で現役復帰した亀田興毅(31)=協栄=が、“現役続行”を宣言した。スパーリング形式の“引退試合”で、因縁の元WBC世界フライ級王者のポンサクレック・ウォンジョンカム氏(40)=タイ=に“TKO勝ち”。直後に引退を撤回し、元4階級制覇のローマン・ゴンサレス(30)=ニカラグア、帝拳=を次のターゲットに掲げた。

【続きを読む】

  • “亀田トレイン”で入場した(左から)父・史郎、興毅、大毅、和毅。家族が団結して闘った(撮影・今野顕)
  • 10カウントゴングを途中で止めて、もう一試合ローマン・ゴンサレスとの試合をしたいと訴える亀田興毅=後楽園ホール(撮影・今野顕)
  • TKOで勝ち、父・史郎氏に肩車される亀田興毅=後楽園ホール(撮影・今野顕)
  • 1回、ポンサクレック・ウォンジョンカムを攻める亀田興毅=後楽園ホール
  • ポンサクレック・ウォンジョンカム(左)に2回12秒でTKO勝ちし、健闘をたたえ合う亀田興毅=後楽園ホール
  • 1R、攻める亀田興毅=後楽園ホール(撮影・今野顕)
今、あなたにオススメ
Recommended by