2018.5.3 20:35

井上監督、復権へ意欲 最重量級は「最低でも金」/柔道

井上監督、復権へ意欲 最重量級は「最低でも金」/柔道

 柔道の世界選手権(9月、バクー)に出場する男子日本代表が3日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターでの強化合宿を報道陣に公開した。

 世界選手権で日本男子100キロ超級は2003年の棟田康幸以来、優勝者がいない。日本男子の井上監督は「プレッシャーをかけるわけではないが、最低でも金メダルと思っている」と復権への強い意欲を示した。

 世界の100キロ超級の潮流として、100キロ級から変更した選手の台頭を挙げ「体質が(従来とは)非常に変わっている」と語る。今後はスピーディーな動きへの対応がポイントになるという。

 井上監督は指導のタイミングが早まっている国際大会の傾向も警戒。「まともに組み合うだけじゃなく、(審判員への)見せ方も考えないといけない」と漏らした。

今、あなたにオススメ
Recommended by