2018.5.2 17:27

女子代表が強化合宿 渡名喜「優勝して一つ抜け出す」/柔道

女子代表が強化合宿 渡名喜「優勝して一つ抜け出す」/柔道

強化合宿で練習する渡名喜風南(左)=味の素ナショナルトレーニングセンター

強化合宿で練習する渡名喜風南(左)=味の素ナショナルトレーニングセンター【拡大】

 柔道の世界選手権(9月、バクー)女子日本代表が2日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで強化合宿を報道陣に公開し、48キロ級で2連覇を目指す渡名喜風南(パーク24)は「一本を取りにいく柔道で勝つ。優勝して一つ抜け出したい」と2020年東京五輪の代表争いを見据え、力を込めた。

 強豪の実業団や大学も参加し、立ち技と寝技に約3時間取り組んだ。52キロ級で昨年覇者の志々目愛(了徳寺学園職)は得意の内股を入念に確認。「外国勢に研究されている。しっかり準備したい」と表情を引き締めた。同級の17歳のホープ、阿部詩(兵庫・夙川学院高)も切れ味抜群の投げ技などを披露し、初出場に気合十分の様子だった。

 7階級の代表9人が出そろってから初の合宿。増地克之監督は「今年の世界選手権が東京五輪につながる。勝ちにこだわる姿勢を植え付けていきたい」と決意を新たにした。1日からの合宿は5日まで行われる。

  • 強化合宿で練習する阿部詩(右)=味の素ナショナルトレーニングセンター
  • 強化合宿で練習する志々目愛(右)=味の素ナショナルトレーニングセンター
今、あなたにオススメ
Recommended by