2018.5.2 17:23

小川雄勢、初の世界選手権は「臆さず最高の結果を出せるように頑張りたい」/柔道

小川雄勢、初の世界選手権は「臆さず最高の結果を出せるように頑張りたい」/柔道

男子100キロ超級代表の小川雄勢

男子100キロ超級代表の小川雄勢【拡大】

 柔道の世界選手権(9月、バクー)日本代表が2日、東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見を行った。男子100キロ超級代表で1992年バルセロナ五輪95キロ超級銀メダリストの直也氏(50)を父に持つ小川雄勢(21)=明大=は「初めての出場ですが、それに臆さず、最高の結果を出せるように頑張りたい」と話した。

 先月29日の全日本選手権は準決勝で敗退したが直近の講道館杯、GS東京、全日本選抜体重別選手権での優勝が評価され初選出された。世界選手権4度優勝の父に続く金メダルを目指す。「今までと変わらず、自分のスタイルを貫いて、世界の頂点を取ることができたら」と4カ月後の大舞台を見据えた。

今、あなたにオススメ
Recommended by