2018.5.1 23:30(1/2ページ)

【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO 3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得

【ピレリスーパー耐久2018】

第2戦「SUGO 3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得

【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO 3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得

【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO 3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得【拡大】

 4月28~29日にスポーツランドSUGOで開催された「ピレリスーパー耐久シリーズ2018第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース」。

 2リッターターボ相当の4WDまたはFFで競われるST-2クラスで、マツダのアクセラディーゼル「DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D」が、2位表彰台を獲得するという快挙を成し遂げました。

 何が快挙なのかといえば、このST-2クラスは2リッターターボの4WDがメインとなることからライバルはスバル・WRX STIや三菱・ランサーEVO Xなど、カタログデータで見ても300馬力以上というツワモノばかり。

 そこにカタログデータで175馬力というアクセラディーゼルが挑むのです。単純に考えても馬力差125馬力、最高速で20km/h・レース中のラップタイム差で4秒以上という差があるのですから、無謀ともいえるチャレンジともいえます。

 この明らかな戦力差でも戦う意味は充分にある、とチーム監督でドライバーも兼任する野上敏彦さんは語ります。しかしこの戦力差ですから予選順位に期待は出来ないようで、今回のSUGO戦も背後に写るのはSUGO名物ダンロップブリッヂ。

 ラップタイムを計算すると本来はライバルに対して5周近くの差が開くはずなのですが、今回のSUGO戦では3周差。その秘密は何でしょうか?

 スタートドライバーの谷川達也選手は、なんと約1時間50分ノーピットというロングランを行っています。ライバルの中でも昨年チャンピオンとなったライバルのスバル・WRX STIは1時間ごとの給油が必要。つまりアクセラディーゼルは倍以上の燃費を誇っているといえます。ここが野上監督の言うところの戦う意味という部分のひとつと言えるでしょう。

 さらに、ピット作業を取材していても給油時間が明らかに短いのです。ルーティーンでのピット作業では給油時間の占める割合が高いので、レース中に生まれたタイム差をここで一気に縮めることも可能となります。だからこそトップとの周回差を3周に収めることが出来たといえるでしょう。

 谷川選手のロングランの最中には、ST-Xマシン同士のバトルに巻き込まれての接触、そしてコースアウトを余儀なくされるというシーンもありましたが、豊富な実戦経験を持つ谷川選手の神業的マシンコントロールで最小限のロスにとどめながらコースに復帰。淡々と周回をこなしていきます。

【続きを読む】

  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
  • 【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO3時間」アクセラディーゼルが2位表彰台を獲得
今、あなたにオススメ
Recommended by