2018.5.1 21:49(1/2ページ)

【ピレリスーパー耐久2018】第2戦「SUGO 3時間」D’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!

【ピレリスーパー耐久2018】

第2戦「SUGO 3時間」D’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!

【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGO D’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!

【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGO D’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!【拡大】

 4月28~29日にスポーツランドSUGOで開催された「ピレリスーパー耐久シリーズ2018第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース」。

 28日に行われた公式予選ではD’station RacingがST-XクラスとST-1クラスの2クラスでポールポジションを獲得するという快挙を成し遂げました。

 ST-XクラスはSUPER GTのGT300クラスでも走るFIA-GT3マシンを使ってのクラス。D’station Porscheが総合ポールポジションの1番グリッドに!D’station RacingはSUPER GTでも同じポルシェGT3Rを走らせています。

 またST-1クラスは内外のワンメイクレースマシンが出場できるクラスで、今回のSUGOのST-1クラスでは全車Porsche 911GT3 cupが出場。

 この2台が揃って、各クラスでポールポジションを獲得しました。

 29日午後2時頃にスタートしたSUGO3時間のグループ1レース。スタートドライバーの荒聖治選手はスタート直後から2番手以降のライバルを一気に引き離していきます。

 まさにブッチギリという言葉が浮かぶほどの快走を見せ、ライバルとの差を大きく広げていくD’station Porsche。

 しかし14周目に、アクシデントによるフルコースイエロー(FCY)。全車速度制限を受けてしまいます。

 このFCYの間にD’station Porscheは給油のためにピットイン。ドライバーチェンジは行わずにピットアウトしていきます。順位はトップのままコースに復帰します。その背後に2位のENDLESS GT-Rが迫って一気に差を詰めますが、逆転するまでには至らず、その後は差が広がって行く一方。

 その後星野徹選手、近藤翼選手とドライバーチェンジしていく中、1回目のドライバーチェンジをFCYの最中に行いロングラン体制をとっていた82号車のPhoenix Racing Asia R8がトップに立っていました。

【続きを読む】

  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!
  • 【ピレリスーパー耐久2018】2戦・SUGOD’Stationの2台がダブルポールからのダブル表彰台を獲得!