2018.5.1 10:54

ホンダ、レッドブルと交渉開始 2019年からのPU供給へ「内容はポジティブ」/F1

ホンダ、レッドブルと交渉開始 2019年からのPU供給へ「内容はポジティブ」/F1

4位入賞を果たしたトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=バーレーン・サキール(Getty Images/Red Bull Content Pool)

4位入賞を果たしたトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリー=バーレーン・サキール(Getty Images/Red Bull Content Pool)【拡大】

 自動車のF1シリーズに参戦する強豪レッドブルが、ホンダと2019年に向けた提携交渉を開始した。第4戦アゼルバイジャンGPが行われていた先月28日、レッドブルのアドバイザーを務めるヘルムート・マルコ氏が、ホンダの山本雅史モータースポーツ部長と話し合いを持った。

 山本氏はF1公式サイトに、「お互いに期待することなど、両者の条件を話し合った。内容はポジティブだった。私たちはどちらもお互いに満足できたと考えている。将来の可能性について話し合い始めたところだ」と語った。

 ホンダは15年にF1に復帰し、マクラーレンにPUを供給したが、昨年限りで提携を解消。今年からレッドブルのジュニアチームでもあるトロロッソに供給先を変更しした。第2戦バーレーンGPではピエール・ガスリー(22)=フランス=がホンダのF1復帰後、最高位となる4位入賞を果たしている。

 レッドブルは現在、ルノーからPUを供給されており、チームスポンサーの1つでもあるタグホイヤーの名を冠しているが、14年から総合王者から遠ざかっており、近年はルノーとの対立が続いている。

 F1の競技規則では、PU製造元はどのチームに翌年のPUを供給するかを国際自動車連盟(FIA)に通知しなければならない。その期限が今年は今月15日に迫っている。

今、あなたにオススメ
Recommended by