2018.4.30 19:17

宮原知子が初観戦「すごく感動した」/アーティス

宮原知子が初観戦「すごく感動した」/アーティス

ASジャパンOP最終日、ゲストとして登場したフィギュアスケート女子の宮原知子選手(中央)=東京辰巳国際水泳場

ASジャパンOP最終日、ゲストとして登場したフィギュアスケート女子の宮原知子選手(中央)=東京辰巳国際水泳場【拡大】

 アーティスティックスイミング(AS)のジャパン・オープン最終日は30日、日本選手権を兼ねて東京辰巳国際水泳場で行われ、デュエット・フリールーティン(FR)は乾友紀子、中牧佳南組(井村ク)が92・4333点で制した。福村寿華(井村ク)吉田萌(ザ・クラブピア88)組は87・5000点で5位。ソロFRは乾が92・9667点で勝った。

 フィギュアスケート女子で平昌冬季五輪4位の宮原知子(関大)がASを初観戦した。トークイベントにも参加し「すごく感動した。水の中でずっと演技をしていて表現も難しそうだし、すごい」と感嘆した様子だった。

 フィギュアと同じく芸術性が求められる採点競技。食い入るように客席から演技を見つめた日本女子の第一人者は「(審判に)しっかりアピールするというところで、ASの力強さを自分の演技にうまくつなげられたら」と刺激を受けていた。

今、あなたにオススメ
Recommended by