2018.4.30 10:00

山県、10秒17で優勝!2位ケンブリッジを振り切る/陸上

山県、10秒17で優勝!2位ケンブリッジを振り切る/陸上

山県(手前)が地元広島で優勝。タイムは伸びなかったが、凱旋(がいせん)Vを喜んだ 

山県(手前)が地元広島で優勝。タイムは伸びなかったが、凱旋(がいせん)Vを喜んだ 【拡大】

 陸上・織田記念国際最終日(29日、エディオンスタジアム広島)ジャカルタ・アジア大会代表選考会。男子100メートルは追い風1・3メートルの条件下、山県亮太(25)=セイコーホールディングス=が10秒17で優勝した。ケンブリッジ飛鳥(24)=ナイキ=は10秒26で2位だった。女子100メートルは福島千里(29)=セイコーホールディングス=が11秒42で制した。

 地元広島で迎えた今季国内初戦。男子100メートルで昨季日本歴代2位の10秒00を出した山県は、タイムこそ10秒17と伸びなかったが、表彰台の中央は譲らなかった。ケンブリッジの追い上げから逃げ切り「優勝できたのは満足」と笑みを見せた。本格化するシーズンに向け「反省点と収穫を次のレースにつなげたい」と言葉に力を込めた。

今季国内初レースだった福島千里「正直なところ出ることも悩んでいたが、ゴールできてほっとしている」

  • 10秒24で決勝進出を決めた山県亮太=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートル決勝10秒17で優勝した山県亮太=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートル決勝10秒17で優勝した山県亮太(中央)。右は2位のケンブリッジ飛鳥=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートル決勝10秒17で優勝した山県亮太(左端)。左から2人目は2位のケンブリッジ飛鳥=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートル決勝1位の山縣亮太(左から2人目)と2位のケンブリッジ飛鳥(右)=エディオンスタジアム広島(撮影・志儀駒貴)
  • 男子100メートル決勝優勝した山県亮太(左)と健闘をたたえ合う2位のケンブリッジ飛鳥=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートルで優勝した山県亮太(右)と2位のケンブリッジ飛鳥=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートルで優勝した山県亮太(左)と2位のケンブリッジ飛鳥=エディオンスタジアム広島
  • 男子100メートル決勝10秒26で2位のケンブリッジ飛鳥=エディオンスタジアム広島
今、あなたにオススメ
Recommended by